紅茶の種類について

KANDY

キャンディ

スリランカの中央に位置するキャンディ地方で生産されたお茶。
シンハラ王朝最後の都があり、セイロンティーが誕生した地としても有名です。

渋みが少なく、クセのないまろやかな香味が特徴です。

PROFILE
●産地:スリランカ中部
●標高:約600~1,200m
●クオリティーシーズン:通年
●茶葉:やや黒みをおびた褐色
●香味:やさしく甘い香りと程よいコク
●水色:輝きのある濃いオレンジ
●おすすめの飲み方:ストレートティー・アイスティー・ミルクティー・アレンジティー
●おすすめのペアリング:フルーツタルト・アップルパイ・クッキー

NUWARA ELIYA

ヌワラ エリヤ

スリランカ中南部の、国内で最も標高の高い場所で生産されたお茶。

緑茶に似た爽やかな渋みが特徴的で、若葉のような香りや、優雅でデリケートな花のような香りが感じられます。すっきりとした爽やかな香味なので、和食のお食事や和菓子にもよく合います。

「セイロンのダージリン」、「セイロンティーのシャンパン」とも呼ばれています。

PROFILE
●産地:スリランカ中南部
●標高:約1,200~2,300m
●クオリティーシーズン:1月~2月、6月~7月
●茶葉:浅緑がかった褐色
●香味:若葉や花のような香りと爽やかな渋み
●水色:淡いゴールデンオレンジ(イエローオレンジ)
●おすすめの飲み方:ストレートティー・アイスティー
●おすすめのペアリング:和生菓子・桜餅

UVA

ウヴァ

スリランカのウヴァ州で生産されたお茶。ウヴァフレーバーと呼ばれる独特の香気があり、バラのような香りと爽やかな香味が特徴。適度な渋みと爽快な香りも感じられます。

品質の良い茶葉はカップに注いだ時にゴールデンリングが現われることも。

クオリティーシーズンの茶葉はぜひ、ストレートで味わってみてください。

PROFILE
●産地:スリランカ南東部
●標高:約1,200~2,300m
●クオリティーシーズン:7月~9月
●茶葉:赤褐色
●香味:ウヴァフレーバーと呼ばれる爽快な香りとしっかりとしたコク
●水色:赤みの強いオレンジ
●おすすめの飲み方:ストレートティー・ミルクティー
●おすすめのペアリング:チョコレートケーキ・チョコクロワッサン